ニーズのある物件

マンションの外観

分譲賃貸とは、元々分譲マンションとして建設された物件であり、区分所有者が自己住居として使わなくなった際に、賃貸物件として貸し出される物件となります。 分譲賃貸をうまく活用して、賃貸経営をするには、人口の多い地域の手頃な値段の分譲マンションを購入して、借主を募集することで、毎月の家賃収入を得るという方法があります。投資用マンションローンを活用すれば、分譲賃貸の物件の購入費用を借り入れし、借主からの家賃収入分で毎月の返済に充てれば、自己負担分がなくなります。 こういった分譲賃貸物件を複数購入して、客付けを繰り返すことで投資効率を上げることができ、投資用マンションのローンが完済する頃には、家賃収入だけが実収入として計上されるようになります。分譲賃貸物件を購入する際にはなるべく価値が下がらない条件の物件を探すことが重要です。

分譲賃貸はこれまであまりありませんでしたが、最近では売れ残ってしまった分譲マンションなどが分譲賃貸として市場に出回るようになりました。 この分譲賃貸のメリットとしては、もともと賃貸用に造られた物件ではなく、長期的に住むことを目的として造られた建物であるということになりますから、通常の賃貸物件よりも質の高い建物であるということがメリットとして考えられます。 例えば、壁などがよりしっかりしていますから、隣のお部屋の物音などがほとんど聞こえなかったり、内装がより高級であったりします。また、分譲賃貸の場合は、プールやスポーツジムなどの共用スペースを併設しているところも多いですから、より日々の生活を充実させることができるということもメリットの一つです。